犬との信頼関係がある程度できてきたら、一緒に連れて旅行に出かけたいという人も少なくないでしょう。

仲良くなった犬と一緒に旅行できたとしたら、これほど飼い主にとって嬉しいことはなく、心が弾みますよね。

ただ、友達と一緒に旅行するのとはわけが違い、それなりのリスクとハードルが伴うことを忘れてはいけません。

犬と一緒に旅行する場合、どのようなしつけをする必要があるのか、またどんなことに注意しなければならないのでしょう。

トイレのしつけは万全に

犬を旅行に連れて行く場合、旅行先でトラブルがないようしつけは完璧にしておく必要があります。

旅行に行った際、犬に落ち着きがないと周りに迷惑をかけることになるので、余裕のある計画を立てながらしっかり訓練しておくことが大事です。

旅先では、食事やトイレのタイミングが普段と異なることも多く、また、沢山の見知らぬ人に遭遇することになるので、いつもと違う環境に犬は戸惑います。

特に大事なしつけは、トイレトレーニングで、普段とは違う場所でトイレをすることになるので、声かけですぐにトイレができるようにしつけておきます。

普段は普通にトイレができても旅先では緊張や興奮を伴うので、早めに排泄できるよう訓練しておき、飼い主の指示で素早くトイレシーツに排泄できるようにしておきましょう。

また、旅先ではどうしても粗相しやすいので、犬用のオムツは必ず用意しておき、いざという場合に備えておくことです。

狂犬病や感染症予防、衛生対策もしっかりしておく

旅先では、風呂や食事など、犬と離れることが多くなるので、ひとりで待つことに慣れておくことも大事で、いつもと違う環境になっても吠えないよう訓練しておく必要があります。

狭い場所で過ごす練習も必要

人の多い場所ではクレートやケージで過ごすことになるので、クレートトレーニングをしておくことも重要で、普段から慣れておくことが大切です。

環境が変わってもクレートの中で犬が落ち着いて過ごすことができるよう、安心できる場所であることをしっかり教えて事前に慣らしておきましょう。

人に危害を与えるリスクも考えておく

犬は旅行に連れて行くと興奮しがちで、聞き慣れない音やにおいなど、初めて感じることに過剰に反応し、人に飛びかかって噛みついてしまうこともあります。

そのため、狂犬病の予防接種や感染症予防のために混合ワクチンの接種は受けておくべきです。
また、旅行前にはシャンプーや駆除用の薬でノミやダニが繁殖しないよう、衛生対策もしっかりしておきたいところですね。

最初は車を利用して旅行に慣れさせる

可愛い犬を旅行に一緒に連れて行きたいと思う気持ちはわかるのですが、最初は無理をしないで日帰り旅行から慣れさせ、少しずつ段階を踏んでクリアしていくことが肝心です。

余裕のある計画が成功のカギを握るので、犬との旅行を決心したら、旅程やスケジュールをしっかり決めていきましょう。

交通手段については、初めての旅行の場合、こまめな休憩が可能な車での移動がおすすめで、犬の状態を確認しながらトイレや水分補給が可能です。

車がないならレンタカーを利用すると良く、大手レンタカー会社には便利なペット同乗が可能な専用車が用意されています。

少しずつレベルアップを目指す

犬と旅行する場合、まずは車に慣れさせ、その後、交通手段の選択肢を広げて行くのが常套手段で、慣れてきたら飛行機や新幹線、電車などに挑戦して行くことです。

宿泊先については、最近は犬連れ専用ペンションなどペットも一緒に泊まれる宿があるので安心なのですが、施設によっては条件が異なるので必ず事前に確認しておきましょう。

動物病院やペットホテルに預ける

ひとりぼっちの状態にさせておくくらいなら、ペットも一緒に旅行に連れて行ってやりたいのが飼い主の心情ですが、どうしても犬を連れていけない場合もあるでしょう。

旅先のホテルがペットNGだったり、犬の体調が思わしくなくグッタリしていたら、旅行に連れて行きたくてもできません。

また、健康状態が良くても、キャリーバッグの中で静かにできるしつけができていない場合や車酔いする犬の場合、安心して連れて行くことができず、考えることは色々あります。

犬の状態を見極めて判断を

犬を旅行に連れていけない場合、お世話してくれる場所を確保しなければなりませんが、そんな時に便利なのがペットホテルです。

ペットホテルが繁忙期でお願いするホテルがないなら動物病院に預ける方法もあり、病院なら設備的にも飼い主は安心できます。

旅行は楽しい反面、疲れるものなので、犬の健康状態や受け入れ先を考慮し、少しでも無理があるなら連れて行くのを断念し、動物病院やペットホテルに預けましょう

旅行の際に覚えておきたいポイント

犬と楽しく旅行ができれば飼い主にとってこれほど幸せなことはありませんが、旅行に行く前にはしっかり準備を整えておく必要があります。

旅行前にはトイレやクレートトレーニングをきちんとしつけておき、周りに迷惑がかからないよう狂犬病や感染症予防、衛生対策なども万全にしておきましょう。

初めての旅行は休憩が取りやすい車での移動がオススメですが、ペットホテルを予約できず犬の体調が悪い場合は、思い切って動物病院やペットホテルに預ける覚悟も大切ですよ。